MENU

水素水と天然水の料金の違い

世の中には天然水や水素水、RO水やアルカリイオン水などいろいろな水が存在しますが、そもそも水素水とこれら天然水の大きな違いというのはどのようなものになって来るのかといいますと、簡単に言ってしまえば水素含有量の違いであるといえます。

水素水も天然水もナトリウムやカリウム、カルシウムといった成分は豊富ですし、体にもいいはずですが、唯一活性水素の含有量が、決定的な価格の差を生みます。

天然水には大分日田天領水のような水素含有量の多い天然水もありますし、またバナHのような天然水でも水素含有量の少ないものもあります。

ただやはり水素含入量の多い水素水は販売単価もただ天然水に比べ若干高めに設定されています。そこは水素水というプレミア感が購入単価を押し上げている訳ですが、それでも価格の安い天然水もわずかながら活性水素が入っているものもありますので、経済的に水素水の定期購入が難しいということであれば天然水で代用するという方法もあります。

水素水は天然水やRO水にくらべ様々な効能が言われている事から最近では、単なる天然水を水素水として販売している業者もありますので、こういった業者の商品には注意が必要です。

また水素水には活性水素含有量の記載もありますので、購入する際には含有量のチェックもしっかりとやっておく必要があるでしょう。

水はいくらでも誤魔化しの効くビジネスです。消費者も確かな目を持ち、確かな業者から購入しないと後々痛い目に合います。
このページの先頭へ