MENU

医療現場でも活用されてるの?

水素水は本当に万能水のように言われていますが、実は最近水素水がリアルな医療現場でも注目を浴びるようになってきています。

というのも水素水の水素酸素に含まれる活性酸素を排除する効果が糖尿病治療に効果がある可能性があると言われたり、また水素水の活性水素が老人性痴ほう症の予防に効果があるとか、腎臓疾患や胃腸系の病気の予防効果があるなど人の体の様々な部分に効果があると言われるようになってきました。

このように最近は数多くの医療現場でも注目され始めてきており、またその効能に関する研究も進んできている水素水が、いくつかの医療施設で積極的に導入され始めてきているとのことです。
実際に胃腸系の疾患に関しては高い効果を発揮しているようで、驚異のアルカリイオン水健康法という本の中では、胃腸炎の患者に水素水を与えたところ、約1週間から10日前後で症状に改善がみられたとのことで、医学的な根拠こそ明確にされてはいないものの、水素水の何らかの効果が弱った胃腸に何かの効果を上げているものと思われます。

このように水素水は一部ではありますが、医療現場で活用され始めてきており、その広がりは今後益々拡大していくものと思われ、またいろいろな症状の予防や緩和処置として効果の発揮が期待されています。一般家庭でも水素水で健康生活を送り、医療機関でも症状の改善に大きな期待をされている水素水はこれから益々我々の生活に浸透していく事が期待されているのです。
このページの先頭へ