MENU

トヨタのミライは水素水で走る?

トヨタ自動車が社運をかけて作った新型燃料自動車ミライが全国的に話題となっており、販売価格が800万円と高額であるにも関わらず、注文が殺到して生産が追い付かない状態なのだそうです。

このミライは新型燃料自動車として世にリリースされましたが、この新型燃料こそ水素燃料で、ガソリンを一切使わない究極のエコカーである事が特徴です。まだ量産状態にはなく受注生産状態ですが今後量産体制が整っていけば、価格も下がっていく可能性があります。

ではこの水素燃料で走るミライは水素燃料で走るだけあって、水素水が中に充填されているのでしょうか。定期的に水素水を充填することで長距離走行が可能になるのでしょうか。

実はこの水素燃料というのは水素をハイプレッシャーで濃縮して、燃料タンクに積載します。つまり水素水に高圧をかけて圧縮する訳ではなく、水素そのものに圧力をかけて濃縮燃料電池化させるので、水素水を充填して走行するという概念自体が間違えという事になります。

ただ現在、ミライを走らせるための水素スタンドの整備が追い付いておらず、今後徐々に全国で水素スタンドが整備されていくので、これらの水素スタンドとミライの車体そのものの量産化という2つの壁を乗り越えないと一般化するまでには時間が掛かりそうです。
しかし水素で走らせるという新しい概念を生んだトヨタは、日本の自動車産業に新たな一歩を記した功績は大きく、ミライが今後の水素水燃料をはじめとした新型エネルギー車を開発させる布石になった事は間違えありません。
このページの先頭へ