MENU

血液検査の項目すべてが正常に

水素水を飲み始めて2か月。体の中ではどのような変化が起きているのでしょう。

特にこれまでのライフスタイルと何も変えることなく、ただ一つ変えたことといえば飲む水を水素水に変えただけで2か月後にどんな変化が起きているのか調べてみました。

調べ方はいたってシンプルに血液検査で調べました。

しかも調査前の数値はどれもこれも平均値を大幅に超えた数値で、まるで絵にかいたような不健康体でした。それがGTPや中性脂肪、そして血中コレステロール値などの数値が全て正常に戻っていたのです。

そしてそれ以外の数値もすべて平均値、または平均以下の数値で収まっており水素水の効能はてきめんでした。

これはあくまで筆者が実際に体験して経験した話ですので、個人差があると思いますが、それにしても水を水素水に変えただけで何らかの数値変化を実感できたのは、驚き以外の何物でもありませんでした。

このように普段の生活の水を水素水へ変えるだけで、体の様々な数値に良い変化が起きたという事は、恐らくこれも水素水に含まれる水素が体内で何らかの化学変化を起こしていた結果かもしれません。

地球上の生物は水がないと生きていく事が出来ないため、水はとても大事な生命線です。しかし私たちは日頃、ごく当たり前のように蛇口を捻っていつでも自由に水を飲むことが出来るため、そんなに水に対して意識したことはありません。
しかし少し水に対する意識を変えるだけで驚くほど体内では良い作用が起きているのです。
このページの先頭へ