MENU

奇跡の水が実は水素水だった

世界には昔から飲んだだけであらゆる病が治癒すると言われている魔法のような水が存在すると言われています。日本国内はもちろん、ヨーロッパやアジアなどにも別の呼称の魔法の水が存在します。

これを俗に奇跡の水などと言われていますが、実はこういった水は結果として病気が治ったというだけでこれまで何ら科学的根拠が示されてきませんでした。

ところが最近、世界中の学者がこの奇跡の水に関して研究したところによると、奇跡の水に含まれる活性水素水が人体に何らかの良い影響を与えており、病が治癒できる可能性を指摘しました。つまり奇跡の水とは水素水の事を指していたのです。

それにしても飲むだけで治癒できるなんてまるで魔法のような水があるとしたら、具体的にどのような効能があるのかを科学的に示してほしいものですが、残念ながら現段階では科学的な分析はなされていません。

しかし可能性として考えられる事として、水素水に含まれる水素が、人体の免疫力を高めてくれるのではないかと言われています。

確かに飲むだけで病気が治るというと、魔法の薬に聞こえますが水そのものには薬効成分はありませんので、人体の自然治癒力が高まっていると思うのは見方として自然かもしれません。ただこれも科学的根拠はないので不確かな結果です。

いずれにしても飲んで効能を発揮する魔法の水、奇跡の水は水素水の成分である水素が豊富に含まれている水であることはハッキリしてきました。
このページの先頭へ